長時間のフライトを快適にするお役立ちグッズベスト10!!

ロングフライトでは乾燥とむくみ対策が大事!

楽しい海外旅行にロングフライトはつきものですよね。狭いエコノミークラスで10時間以上過ごすのはまさに苦行。少しでもフライトを快適にするためのお役立ちグッズベスト10をご紹介します。

1位はマスク。機内はとにかく乾燥するので、マスクは必須。マスクとのど飴で乾燥対策をしましょう。2位は着圧ソックス。気圧の変化とずっと座りっぱなしなため、足がむくんでパンパンになります。着圧ソックスがあるとないとでは大違いですよ。3位はスリッパ。機内についたら靴を脱いでスリッパに履き替えるだけでも随分楽になります。4位は寒さ対策用ウェア。機内はとにかく寒いので、パーカー、ストール、レッグウォーマーなど体温調節できるウェアを持っていき、可能なら追加のブランケットをもらいましょう。

ロングフライトでもぐっすり寝るには!?

5位は洗面用具。歯磨きグッズ、乾燥対策用のローション、クリームなど。ただし各100ml以下で透明な袋に入れることをお忘れなく。6位は枕。U字型でもいいけど、今秘かに人気のJ型のピローがオススメ。頭、顔側面、顎の3点を支えてくれるので首が痛くならずぐっすり寝られます。7位はつり下げ型フットレスト。座席の前テーブルにかけて使う脚用の小さなハンモックのようなグッズです。ただし、こちらは身長が160センチ以下の人向きです。大判の風呂敷でも代用できますよ。8位は耳栓。周囲の音をシャットダウンしてぐっすり眠れます。9位はアイマスク。耳栓と共に使うと快適ですよ。10位はメガネ。乾燥するのでコンタクトレンズは座席に着いたら外して、降りる前に再度入れるのがオススメです。

次の旅行の参考にしてくださいね。

秋になったら山口行きのタビマスターズでいつもより楽しい時を過ごそう。