長時間のフライトを快適にするお役立ちグッズベスト10!!

ロングフライトでは乾燥とむくみ対策が大事!

楽しい海外旅行にロングフライトはつきものですよね。狭いエコノミークラスで10時間以上過ごすのはまさに苦行。少しでもフライトを快適にするためのお役立ちグッズベスト10をご紹介します。

1位はマスク。機内はとにかく乾燥するので、マスクは必須。マスクとのど飴で乾燥対策をしましょう。2位は着圧ソックス。気圧の変化とずっと座りっぱなしなため、足がむくんでパンパンになります。着圧ソックスがあるとないとでは大違いですよ。3位はスリッパ。機内についたら靴を脱いでスリッパに履き替えるだけでも随分楽になります。4位は寒さ対策用ウェア。機内はとにかく寒いので、パーカー、ストール、レッグウォーマーなど体温調節できるウェアを持っていき、可能なら追加のブランケットをもらいましょう。

ロングフライトでもぐっすり寝るには!?

5位は洗面用具。歯磨きグッズ、乾燥対策用のローション、クリームなど。ただし各100ml以下で透明な袋に入れることをお忘れなく。6位は枕。U字型でもいいけど、今秘かに人気のJ型のピローがオススメ。頭、顔側面、顎の3点を支えてくれるので首が痛くならずぐっすり寝られます。7位はつり下げ型フットレスト。座席の前テーブルにかけて使う脚用の小さなハンモックのようなグッズです。ただし、こちらは身長が160センチ以下の人向きです。大判の風呂敷でも代用できますよ。8位は耳栓。周囲の音をシャットダウンしてぐっすり眠れます。9位はアイマスク。耳栓と共に使うと快適ですよ。10位はメガネ。乾燥するのでコンタクトレンズは座席に着いたら外して、降りる前に再度入れるのがオススメです。

次の旅行の参考にしてくださいね。

秋になったら山口行きのタビマスターズでいつもより楽しい時を過ごそう。

台湾旅行で出会った現地の方々に感激

日本語を話せる方が多いです

以前から台湾には親日の方が多く、年配の方は日本語が話せる方が多いと聞いていました。そのため、初めて台湾旅行に行った時はそんな方々に出会えるかどうか楽しみでとてもわくわくしていましたね。

しかし、行ってみると年配の方どころか若い方も日本語を話す事が出来ます。恋人と行ったのですが、彼氏はアニメやゲームが好きなのでレストランでその話を聞いていました。すると、若い学生さんグループの方がとても上手な日本語で話しかけてきてくれました。彼らもアニメやゲームが好きだそうで彼氏と大盛り上がり。最後には記念にとカードまで書いて渡してくれました。

とにかく優しく親切です

それからは何度も台湾旅行に行っていますが、毎回素敵な現地の人と出会う機会があります。例えば、体調が悪くて公園のベンチで休んでいた時の事です。ちょっと暑かったので熱中症気味だったのでしょうが、公園にいたおじいさんが日本語で声をかけてくれました。そして、すぐそこのコンビニでお茶を買って渡してくれました。これには本当に感激しましたよ。

他にも日本語メニューが無いレストランだったので辞書や日本語のガイドブックを選んでいたら、日本語の出来る方が丁寧に教えてくれました。小さなお店だったせいか。オーナーさんがせっかく台湾まで来てくれたからとサービスしてくれましたし、本当に親切な方ばかりです。

ここから犬山に精通しているタビマスターズを探して旅に出よう。

新潟のスキー旅行に言った時の体験談

スキーや温泉目当てで新潟のスキーツアーに参加

友人と一緒にスキー旅行に行こうと話し合い、一緒に新潟のスキー旅行に行くことになりました。そして、その時に旅行先として選んだのが新潟です。なぜ新潟を選んだかというと、旅行案内パンフレットに、スキーだけでなく温泉も楽しめると書かれていたからです。スキーも大好きでしたし、温泉も大好きだった私にとってはまさにうってつけでした。そして、友人とスキー旅行ツアーの予約をとり、ウィンタースポーツを楽しみに出かけたのです。

交通については東京発の新潟行きのバスで行きました。東京は雪が全く無かったのですが、トンネルを抜けると辺り一面雪景色だったのはとても新鮮な体験でした。

雪質もよく美味しい新潟の料理

そして、スキー場について、思う存分滑り尽くした後は、近くの温泉でゆっくり温泉に浸かることが出来てとても満足できる旅行になりました。雪質は丁度良く、とても滑りやすかったです。また、ゲレンデも広々としていて、ロッジも整っていて快適でした。さらに旅館では、新潟の美味しい豪華な料理が沢山出てきて感激もしました。お米はコシヒカリを使っていると聞きましたし、甘じょっぱく煮た「ぜんまい」等の山菜や、魚のお造りはどれも絶品です。温泉も冬だからこそ味わえる、辺り一面真っ白な山の風景を見ながら入れて最高でした。また、行く機会あれば、新潟のスキー旅行に行きたいです。

秋になったら大磯行きのタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。

旅行に持っていくものといえば

まずは確実に携帯電話です

最近は旅行に旅行に行くときに手ぶら、ということも増えています。国内旅行であれば、それは意外なほど実現可能です。観光地であれば、色々と物価が高いこともありますが、それでもコンビニなどがあるところであれば、とりあえず定価で買えます。日用品なんかは持っていく必要がないところも多いです。あくまで国内の話であり、海外では別問題になりますから、それは注意しておくことです。しかし、それでも持っていくべきものがあります。それが携帯電話です。これは確実に旅行に持って行ったほうが良いです。持っていないならば、契約したほうがよいくらいです。

いつでも連絡できるのは大きい

携帯電話の魅力的なことは、いつでも連絡ができる、というところにあります。むしろ、今は持っていることが前提になっているところすらあります。さすがに観光地にはまだまだありますが、公衆電話もどんどんなくなっています。いざと言うときに連絡をする手段は旅行に持っていくべきです。更に言うのであれば、インターネットに繋げることができる、というのも大きいです。何かあったときにすぐに調べることができます。特に旅行先で迷うことがなくなる、というのは大きいです。地図の検索ができるので、極めて重要な旅行の道具であるといえます。

ここで大子に精通しているタビマスターズを見つけて旅行に行こう

ロンドンは名所が極めて多いですから

バッキンガム宮殿がまずはお勧め

ロンドンというものは、名所が多いですから、十分に旅行に行く価値があります。本当に色々とありますが、まずはバッキンガム宮殿を見てみることです。イギリス王室の象徴みたいなものですから、しっかりと見ておくとよいです。そして、さらにお勧めできるのが、大英博物館です。世界的に価値のあるものが物凄く大量に収蔵されています。かつての大英帝国の栄光を見ることができるのです。そして、これは日本でも名所になっているのですが、国会議事堂もよいです。ウエストミンスター寺院の向い側にあります。ちなみにウェストミンスター寺院も名所ですから、そちらも観光しておくことです。

寺院が人気の名所の一つ

ウエストミンスター寺院は名所でもあります。テムズ川沿いに建つ、ゴシック建築の代表的なものです。その建物こそが、現在の国会議事堂になっているウェストミンスター宮殿です。要するに昔は宮殿だったわけです。ウェストミンスター宮殿というのは、ビックベンという時計があることでも有名です。ちなみに国会議事堂は、中に入ることもできます。国会会期中であれば、無料ですし、閉会中でも有料ではありますが、ツアーがありますから、よい観光スポットになっています。これも是非とも行ってみることです。イギリス国政の場ですから、見応えはあります

こちらのサイトから滋賀の一部で話題のタビマスターズを見つけて飛び立とう

旅行の持ち物リストについて

一般的な持ち物について

旅行をする際にあたって、まず欠かせない荷物が証明書になるものです。海外旅行であれば、パスポートやビザが必要になります。紛失したときのためにも、コピーや証明写真があると安心です。国内であっても、急な病気などがあったときのために免許証や保険証は欠かせません。現金やカードを持参することはもちろんのこと、事件にあわないためにも、ブランド物の財布などはさけ、防犯用のダミーを持ち歩くのもおすすめです。財布を持ち歩くだけでなく、肌の下に身に着けるセキュリティポーチもあると、被害にあったときにも、被害が大きくなるのを防ぐことができます。

旅行中にあると便利なものについて

海外旅行であれば、やはり国内旅行よりも荷物が増えます。海外旅行の際にあったほうが便利な持ち物としては、ガイドブックや辞書、マイレージカードやペラグラスなどがあると便利です。長期の旅行になれば、洗濯物が増えるので、洗濯洗剤があればコインランドリーで選択することもできます。急な天候の変化に備えて、雨具を事前に準備していたり、使い捨てのスリッパやトラベル枕などもあれば、長旅もより快適に過ごすことができます。機内に液体を持ち込む際には、密閉が可能なビニール袋やジップロックなどがあればなお便利だと思います。

こちらのサイトから三重の一部で話題のタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。

石垣島に行ったら食べたいグルメ

八重山そばはドライブがてら名店めぐり

沖縄のそばには地方によって少しずつ特徴が違います。石垣島を含む八重山地方のそば、八重山そばの麺は、断面が楕円形に近くしこしことしたかみごたえがあります。また、トッピングの豚肉も細切りのもので、カツオの出汁がきいたスープとのマッチングが素晴らしいです。大きなホテルでは朝食バイキングにこの八重山そばも出ますが、島内には島民ですら行列するという名店がいくつもあるので、レンタカーで回ってきました。島の道路は中心部を除けば混雑はなく、また島の人々ものんびり安全運転なので、ペーパードライバーの私でも安心です。ドライブ中も青い海と白浜の絶景を楽しめます。

旬のフルーツは外せない

宮崎県と並んで沖縄県もマンゴーの名産地ですが、なかでも宮古島が有名です。しかし、石垣島も立地的には宮古島とそう変わらないので、絶品のマンゴーが食べられます。しかも宮古産はブランド化していますが、石垣産はそうでもないので価格的にもお安いため、旬の季節には外せません。スーパーや農協、はたまた港までそこかしこでマンゴーは購入できますが、私はせっかくなのでゆーぐれなモールでおばぁが売っているマンゴーにしました。「どれが食べごろですか」とか「ほかにおすすめの島の食べ物は」などど、やさしいおばぁとの会話も買い物の楽しみの一つです。

こちらのサイトから大分の一部で話題のタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。